女性ホルモンを促進する医薬品

女性ホルモンを促進する医薬品

エストロモン

エストロモンは女性ホルモンの一種である「卵胞ホルモン」を補うために利用されているホルモン薬剤です。
主な使用方法は更年期障害の治療などとなっているほか、加齢などの女性ホルモンの低下によるホルモンバランスの乱れの解消や骨粗しょう症の治療などにも使用されています。
女性ホルモンの分泌量が減少すると、のぼせや冷え性、眠りが浅い、眠れない、動悸がする、イライラする、肩がこると言った幅広い症状がみられます。
女性ホルモンの減少をエストロモンによって補うことになってこれらの症状を緩和させる効果を得ることができます。
服用量は年齢や症状によって変化してくるため、医師に相談した上で決定するのが一般的です。
成人の通常摂取量は1日あたり0.625mg〜1.25mgだとされています。

 

●効果・効能
エストロモンの効果・効能は女性ホルモンの補充です。
女性ホルモンが減少してしまうことによって起こるホルモンバランスの乱れを補うことによって、更年期障害の緩和や骨粗しょう症の治療などを行うことができます。

 

●副作用
エストロモンの副作用として、乳房の張り、乳房の痛み、吐き気、食欲低下、むくみ、体重の増加といったものがあるとされています。
そのほかにも、ごくまれに血栓症が起こる可能性があるため、定期診断をきちんと受けて使用するようにしましょう。
個人判断でのエストロモンの使用量の増加・減少であったり、突然服用を停止してしまうとホルモンバランスが大きく乱れて健康に影響を与える場合があるので注意しましょう。

 

 

 

 

女性ホルモンの低下は、加齢という避けられない要因がありますが、それは女性の美容に関しても影響してきます。
まつ毛の減少も加齢によって引き起こされる現象です。
まつ毛を伸ばしたり、増やしてくれる医薬品をご存知ですか?
興味のある方は、個人輸入がお勧めです。


ホーム RSS購読 サイトマップ